ホーム > 高校偏差値塾 > 偏差値60ってつまりどういうこと?など更新 
高校偏差値塾
偏差値60ってつまりどういうこと?
突然「あなたは偏差値60です。」と言われても普通の中学生はピンとこないと思います。
偏差値の意味を理解するには、通常は模試を何回か受けて自分の得点と偏差値を見比べる必要があります。

ですが、それでは何ヶ月もかかってしまいます。
受験生が偏差値感覚をつかむのは「受験も目前に迫った1月」なんてこともありがちです。

そこで簡単に偏差値感覚を得てもらうための表を用意しました。
偏差値を身近な数値と言葉で大雑把に表現してあります。
※正確性は求めないでください。大体こんな感じだと把握するための表です。

もしも模擬試験の受験生が100人だったら・・・

偏差値76以上
0人
  ありえない   どこでも受かる
偏差値66〜75  
5人
  超すごい   大抵の高校は受かる
偏差値56〜65
 20人
  結構すごい    難関校を十分狙える
偏差値46〜55
50人
  普通   難関校は要努力
偏差値36〜45
20人
  がんばれ   難関校は厳しい
偏差値26〜35
5人
  まずい   高校はほとんど選べない
偏差値25以下
0人
  困った   高校進学は困難

厳密に言えばこの表はウソです。
そもそも受験生が100人では得点が正規分布する蓋然性が低すぎて・・・
というような話は脇において「偏差値○○ってのは、だいたいこんな感じか。」という感覚をつかんでください。

この表によると、例えば偏差値60の人は上位25番(25%)に入っているわけですね。
ものすご〜く簡単な話にすると、日本には高校が5,000校余りありますから、3,750校には合格できる実力があることになります。
もちろん実際はそんなに単純な話ではありませんが、偏差値60は「結構すごい」ことが分かってもらえると思います。

続いて >> 勘違い続出!合格判定の落とし穴 >>
高校偏差値塾 掲示板
Copyright (C) 2006-2017 高校受験ナビ All rights reserved