ホーム > 高校受験の面接対策 > 回答例のポイントなど更新 
高校受験の面接対策
回答例のポイント

さて、回答例中にあった二つのポイントの違いは分かりましたか?


※ポイント1:主観的な事柄(客観的な事実ではない)から、本当に思っていなくても良い。

※ポイント2:客観的な事実だからウソは駄目。


ポイント1のような「主観的な事柄」は言ってみれば「本人がどう思うか。」です。

これは、高校に入ってから変えることもできますし、3年間も通えばおのずと校風に染まってきます。

ですから、ある程度は実際と違っても問題ありません。

それより「高校(面接官)が求める答え方」をすることが大切です。


ただし、高校の求める生徒像と自分の性格が180度(全く)違う場合は、そもそもその高校を志望するべきではありません。

仮に合格して入学しても3年間ギャップに苦しむことになります。


ポイント2は過去の客観的かつ具体的な事実です。

多少の誇張くらいなら許されますが、それ以上のことはNG(駄目)です。

面接官に矛盾をつかれて、ウソがばれたりしたら大変なマイナスになってしまいます。

客観的な事実に関しては、とにかくウソは禁物です。

面接に向けて - 対策と練習

面接の練習


誰かに面接官役をお願いして、練習してみましょう。

これは家族だと照れてしまうし、お互いのことを知りすぎているため難しいと思います。

学校の先生や近所の人や親戚の人に頼めると良いですが、適当な人がいなければ家族でもOKです。


・落ち着いて丁寧に説明する練習をしよう。


人は普段は想像以上に早口でしゃべったり、略語を使ってしゃべったりしています。

また感情をすぐに顔に出したり、体が動いたりします。

面接でも感情が顔に出るのはある程度は仕方がありませんが、早口や仲間内だけで通用する言葉を使うのはNG。

急に面接仕様にはなれないものです。

週に1回くらいは面接の話し方を練習しておきましょう。


・椅子の座り方や服装などは本番と同様に練習しよう。


練習だからと普段着でやったり、こたつに入りながらやっていては意味がありません。

服装と髪を整え、椅子に座って相手の目を見て話す練習をしましょう。


・敬語の訓練をしておこう


普段から敬語を使って生活すると良いです。

照れくさいかもしれないが、練習と割り切ってご両親に対して敬語で話してみましょう。

普段から敬語の人はこれは全く問題ないですね。


・質問や答え方を覚えるのではなく、よく考えておこう。


きちんと理解して考えておかないと、質問の仕方が違うだけで答えられなくなってしまいます。

予想外のことを聞かれて焦ってしまう可能性も高まります。

面接で志望校が問わんとするところをよく考えて、自分なりの答えを出しておくことが大切です。



あとは自分に自信を持って「Let's Try!」



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
受験生の皆さんが面接を見事突破することを祈願します。


高校受験ナビ スタッフ


【掲示板】 高校受験の面接対策

>> 最初に戻る >>
アンケートにご協力ください

質問1:
この「高校受験の面接対策」は役立ちましたか?

5.とても役立つ 4.まあまあ 3.普通 2.それなりに 1.役立たない

質問2:
どんな所が役立ちましたか?
または役立ちませんでしたか?
思ったことや気づいたことを教えてください。

高校受験の面接対策 掲示板
Copyright (C) 2006-2017 高校受験ナビ All rights reserved