ホーム > 高校受験の面接対策 > 誰も教えてくれない最強の面接術など更新 
高校受験の面接対策
誰も教えてくれない最強の面接術

「高校受験の面接」では、自分のありのままを語るのが正攻法です。

ですから、もともとまじめで成績も良く、面接を無難に乗り切れば合格できる人は、本当のことだけ言えば良いですよ。

ちなみに「企業に入社する時の面接」で、自分をありのままに語る人はまず落ちますので、将来はご注意を。


さて「正攻法で乗り切ればOK」ではない受験生も多いと思います。

そこで、ここでは面接で得点を稼ぐための秘策を教えます。

それは・・・


相手(面接官や学校)の望む答えを用意する。


です。

これを意識して面接を受けるのと、しないで受けるとでは天と地ほどの違いがあります。


先に注意しておきますが「ウソ」をついて相手にあわせるのは禁物です。

大原則4に違反します。

例えばやってもいない「生徒会の役員」「部活動」「奉仕活動」などを、やったことにするなどは駄目です。


ではどうすればいいのか。

まず志望する高校について徹底的に調べます。

「そんなこと普通の受験生は知らないよ」というところまで調べましょう。


それだけで一歩リードですが、そうして調べていくと「高校の特色」が見えてきます。

「しっかりと自主的に行動できる生徒」・「規則を守って行動できる生徒」・「新しいことにチャレンジする生徒」など、高校によって求める生徒像が違います。

特に私立高校は分かりやすいでしょう。


調べがついたら、あとは高校の望む姿に合わせて答え方を考えるのです。

過去の事実について異なることを言えばウソになりますが、自分の希望や将来のことを、相手に合わせて考えることはウソではありません。

なにしろこれからの事なんですから。


「志望校に合わせろと言われても具体的にどうすれば・・・。」という人のために面接での答え方の例をあげておきます。

ここでは「10の基本質問」の「その2 志望動機の説明」に対する、高校種類別の答え方(自己PR)を考えてみましょう。

高校受験の面接対策 掲示板
Copyright (C) 2006-2017 高校受験ナビ All rights reserved