ホーム > 高校受験の面接対策 > 高校受験 面接攻略の大原則など更新 
高校受験の面接対策
高校受験 面接攻略の大原則

ここでは面接を攻略するための大原則を確認します。


大原則1


・焦らない。慌てない。落ち着いて。


意表をつくような質問をされても慌てないことが大切。

答えに詰まっても「分かりません。」と言わずに「少し考えさせてください。」と言おう。

なんでもすぐに答えようとする必要はないよ。


大原則2


・しゃべるときは相手の目を見て、普段より少し大きな声で。


普段すごく小さい声で話す人は、めいっぱい声を出そう。

声を大きくするというのは意外に重要です。

良いことを言っていても声が小さいと説得力がないよ。


大原則3


・高校のことはしっかり調べておく。


基本的なことは何を聞かれても答えられるようにしておこう。

例えば建学の由来(精神)・校長の名前など。

これらは全く聞かれないこともあるけど、めげないこと。


大原則4


・ウソはつかない。


ウソは厳禁。

面接官は何人もの学生を見ていますから、沢山の質問の中で必ずばれます。

でも、多少の「誇張」なら質問によってはOK。


大原則5


・思ったことを言うのではなく、面接官(高校)がどういう答えを求めているか考えて答える。


これを読んで「ん?それは、ちょっと違うんじゃないの?」と思ったりしたかな?

「自分のことを正直にしゃべるのが面接じゃないの?」って。

大原則4で「ウソはつかない」ってあるし。


実はこの大原則5がこの「最強の面接術」の最大のミソです。

次で詳しく説明しますよ!

続いて >> 誰も教えてくれない最強の面接術 >>
高校受験の面接対策 掲示板
Copyright (C) 2006-2017 高校受験ナビ All rights reserved