ホーム > 高校受験の面接対策 > 高校面接ではここが問われる!(2)など更新 
高校受験の面接対策
高校面接ではここが問われる!(2)

その6 友達や家族について

・「ご両親(友達)はどんな人ですか?」

ここがポイント:自分以外の人についてどんな見方をしているか。

その7 勉強について

・「あなたの得意(苦手)科目はなんですか?その理由は?」

ここがポイント:科目の特性を理解しているか。さらに自分の長所や短所とからめて把握できているか。苦手なのを人や環境のせいにしていないか。

その8 趣味や特技について

・「あなたの趣味や特技を教えてください。」

ここがポイント:通常、趣味や特技の内容(分野)は問われない。取り組み方が確認される。※お坊ちゃん・お嬢様学校で聞かれた場合などは別

その9 ニュースや新聞について

・「最近のニュース(新聞)で印象に残ったものを教えてください。」

ここがポイント:ニュースを見ているか。どのようなニュース(事柄)に関心があるのか。

その10 基本的な知識の口頭での説明

・「縄文式土器と弥生式土器の大きな違いはなんですか?」

ここがポイント:各科目の基本的な知識に関して、口頭で説明できるか。

面接で問われるほとんどの質問は、ここにあげた「10の基本質問」から派生します。例えば・・・

その1 客観的事実の説明の場合。

・「受験番号と氏名を教えてください。」 (基本質問)

・「あなたの所属している中学校名と校長先生の名前を教えてください。」 (派生)

・「あなたのクラス番号と担任の先生の名前を教えてください。」 (派生)

これらは全て「客観的な事実」の説明です。言い換えれば「誰が答えても同じ答え方になる。」質問です。自分に関係ある事柄の正式な呼称を覚えておけば簡単に答えられます。

その他の質問についても、問われ方は違っても問われる内容(ポイント)は大体同じになります。

続いて >> 高校受験 面接攻略の大原則 >>
高校受験の面接対策 掲示板
Copyright (C) 2006-2017 高校受験ナビ All rights reserved