ホーム > 合格できる小論文 > 添削例(1)スタッフによる添削など更新 
合格できる小論文
添削例(1)スタッフによる添削
さて、小論文の内容ですが、きちんと論文になっていると思います。漢字や文法の誤りもなく、レベルの高い文章だと思います。ただ、書きながら思いついた事を記述しているように感じられる箇所があります。実際に書く前に論旨を頭でまとめる訓練をすることで、高得点を得られると思います。頭でなくて、別紙に書いてもいいです。

気になった箇所

>> 私は若者の公共のマナーの低下の原因は社会自体にあると思います。
個々人の問題でなく、社会に問題があると捉えたのは良かったですね。ただ、論旨からするとここは「原因は上下関係の希薄さにある」などとすると良いと思います。

>>例えば体罰の禁止により目上の人は尊敬するものという意識が薄れてきました。
体罰を禁止しない方が良いと取れます。小論文ではどんな主張も可能ですが、(少し過激な)この主張を裏付けるだけの説明がないように思えます。そういった主張をするつもりがないのであれば、書き方を工夫する必要があります。

>>そのような努力が将来有望な人材を育て、
字数合わせに書いたのかもしれませんが、これは余計だと思います。論文のテーマからそれます。あくまでテーマはマナーです。
マナーを守る若者が有望だと言いたいのかもしれませんが、それには説明が必要です。

内容を深めるヒント

1)若者のマナーが本当に悪くなっているのか考える。昔の方が悪かった点もあるのではないか。
2)社会人(大人)も何が良くて、何が悪いのか分からなくなっているのではないか。
3)体罰や横柄な態度をとる大人(先輩)を尊敬できるのか。

良く書けていると思いますので、自信を持って内容を深める訓練をしてください。同じテーマで何回か書き直すことが、内容を深める訓練になります。別の視点(内容を深めるヒントの1など)で書いてみるのも良いと思います。

練習中は制限時間を考えずに、論旨や構成をじっくり考えてから書き始めるとよいです。もちろん本番までには、制限時間内で書き終える訓練も必要です。試験までもうすぐだと思いますが、がんばってください。

高校受験ナビ スタッフ
続いて >> 添削例(1)スタッフの論文 >>
合格できる小論文 掲示板
Copyright (C) 2006-2017 高校受験ナビ All rights reserved