ホーム > 合格できる小論文 > 添削例(2)の4回目など更新 
合格できる小論文
添削例(2)の4回目
「うかりたい。。」さんの小論文 4回目

<小論文>

現在の環境問題は大変深刻となっており、種類も多様である。例えば、地球温暖化、砂漠化、森林破壊、酸性雨などが挙げられる。
その中でも酸性雨の問題に私は強い関心を持つ。何故なら、酸性雨は人体に影響するからだ。酸性雨とは窒素化合物などが反応して、硫酸や硝酸などに変化し、それらが混じって出来た雨のことを指すのだが、私たちにとって雨とは日々の生活に常に密着しているものだ。仮に、この雨が使えなくなれば、田畑が枯れるなどの多くの問題が起こる。それほど雨というのは大事なものであり、必要なものである。
酸性雨の問題に限らず、多くの環境問題は人間が引き起こしている。だから人間が着実に解決していくべきである。その為には、私たちが環境問題についての学び、早急にこのような問題が解決するように努めていく必要がある。
添削例(2)の4回目 スタッフによる添削
スタッフによる添削

こんにちは。
高校受験ナビです。

>仮に、この雨が使えなくなれば、田畑が枯れるなどの多くの問題が起こる。

雨が使えなくなったら、田畑が枯れる程度の問題では済まないと思います。表現を変えた方が良いと思います。

誤字:環境問題についての学び

>酸性雨の問題に限らず、多くの環境問題は人間が引き起こしている。だから人間が着実に解決していくべきである。その為には、私たちが環境問題についての学び、早急にこのような問題が解決するように努めていく必要がある。

ここの部分が主張になると思いますが「なんとかして酸性雨の問題を解決したい!」という意志が伝わってきません。上に書いてある主張は「酸性雨」でなくても当てはまるからです。その部分が改良できれば、良い小論文になると思います。

次回で添削は最後とします。最後の主張をよく考えてみてください。

考えるポイント
どう酸性雨の問題を解決したいのか
なぜ酸性雨の問題を解決したいのか

高校受験ナビ スタッフ
続いて >> 添削例(2)の5回目 >>
合格できる小論文 掲示板
Copyright (C) 2006-2017 高校受験ナビ All rights reserved